モリ太が申す!

僕が実際に経験した事や感じた事を発信しています。

次世代サッカー漫画はこれだ!!

皆さんこんにちは。モリ太です。

 

次世代サッカー漫画はこいつで決まりですよ!!

 

 

最近は、久保選手がレアルマドリードで活躍している等のニュースがありましたね。

日本のサッカーのレベルも上がって来ていて、昔に比べると外国へ移籍する人がとても多くなった印象ですね。

日本人が有名なチームで活躍するのはとても喜ばしいことですし、自分も熱狂してしまいます。

 

では、日本のサッカーがここまでレベルを上げた要因はどこにあるのか?

サッカーを日本に広め、数々のサッカー選手が影響を受けたものとは?

答えは、

キャプテン翼

です。

 

この漫画は、日本にサッカーというスポーツを広めました。

また、海外の有名選手もこの漫画に影響しサッカーを始めたという人がいるくらいサッカー界では有名な漫画ですね。

 

キャプテン翼」はとても素晴らしい作品ですし、影響力もとてつもないです。

ですが、

この神のような漫画のせいで、新たなサッカー漫画が周知されにくく、売れにくいという事もあります。

どのようなサッカー漫画も「キャプテン翼」と比べられてしまいますからね。

 

そのため、

サッカー漫画で売れるためには、

〇異能力のようなスキルを使う

〇リアルなサッカー漫画で戦略等の頭を使って勝つ

〇読者に共感を得られるような、現代サッカーの問題点とその解決策を諭す

 

上記のような内容を含めば、比較的売れやすいのかなと思います。

ですが、異能力も限度はありますけどね。

ぶっ飛びすぎるとサッカー漫画ではないですからね。もうギャグ漫画です。(笑)

 

リアルな戦略漫画では、

「GIANT KLLING」

が当てはまります。

この漫画は、戦略と攻略法を頭を使ってサッカーをするというスタンスの漫画ですが、面白いですね。サッカーをやっている人・やっていた人は読んでみて損はないです。

ドはまりしますね。

ですが、サッカーをやっていない人はあまり読んでも面白くないかなと思います。特に女性はあまり好んで読む人は少ないかなと思います。

 

今回ご紹介する漫画は、

〇現代サッカーの問題点の提示と解決策の提示する漫画

この条件に近い漫画を発見しました。

 

サッカー漫画で何を読もうか迷っている人はこれを読め!!

 

 

f:id:ion27:20190814154104j:plain

次世代サッカー漫画!!

BLUE LOCK

 

こいつは、面白いですよ!!

では紹介していきます!!

 

 

 

 

1.あらすじ

日本がW杯優勝に足りないものそれは、「圧倒的なエースストライカーの存在」。

主人公の潔 世一(いさぎ よいち)を含めた、高校生エースストライカー300人がある日集められた。集めたのは、日本サッカーを変えるために雇われた絵心 甚八(えご じんぱち)と名乗る男であった。この300人の中からたった1人のエースストライカーを作り出す場所それが、「青い監獄(ブルーロック)」だった。

潔 世一はたった1人のエースストライカーになれるのか??

 

2.BLUE LOCKとは

作品名:ブルーロック

原作:金城 宗幸

漫画:ノ村 優介

巻数:未完結 ※4巻まで発売(2019/8/16に5巻販売予定)

メディア化:なし

 

3.おすすめpoint

日本サッカーには最高のFWがいない。

 

この漫画は、

サッカー漫画ですが、サッカーをする事が目的でないです。

 

今までの漫画は、大会で優勝する事や試合に勝つことが目的の漫画が大半ですから、異例のサッカー漫画です。(笑)

 

物語の主軸になるのは、「最高のFW(エースストライカー)を作り出す」この考えです。

 

現代の日本サッカーは、FWが弱いです。DFやMFは世界でも戦える選手は日本にも存在します。ですが、FWにおいては優秀なストライカーとして世界で活躍している選手は日本人ではいないですね。この作品はそこに目を向けて漫画化しています。

 

最高のFWを作るためには、何が必要かどういう考えが必要か。

主に作者様の考えではありますが、答えを記載しているのでサッカーをやっている人は見てIQを高められる作品です。

 

自分の武器の方程式なんかは、

DFやMFでも当てはめることができるので読んでみてもいいと思いますよ!!

 

この漫画を読んで、最高のエゴイストになってください!!

f:id:ion27:20190814163331p:plain

 

気になる方は是非一度手に取ってお読みください!!